• HOME
  • >
  • CD & RECORDS
  • >
  • CD
  • >
  • MIX CD
  • >
  • 【総売り上げ枚数2500枚突破!!!】NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3 / RYUHEI THE MAN
NEXT-MESSAGE-FROM-THE-MAN3

【総売り上げ枚数2500枚突破!!!】NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3 / RYUHEI THE MAN

NEXT-MESSAGE-FROM-THE-MAN3
販売価格(税込)
¥2,263
在庫状態 : 在庫僅少
数量

送料

1万円以上お買い上げで全国送料無料

1万円以上お買い上げの場合は送料無料にて商品を発送いたします。発送日から3営業日以内に発送し、ご連絡いたします。おおよそ2−3日の配達日数となりますが、交通事情等により遅れが生じる場合があります。

商品について

商品内容

超人気シリーズNEXT MESSAGE FROM THE MAN 第3弾!
総売り上げ枚数2500枚突破!!!
今、売れに売れているMIX CDです!
BBTでも在庫僅少となっております!
早い者勝ちです!!!

このグルーヴ感、途中で停止不可能!!!
確かな説得力。RYUHEI THE MAN による現行ファンクMIX第3弾!!!

畝るベースと暴れ打つドラム、気高く鳴り響くホーンに導かれる全てのポイントが聴き所!!!
レアグルーヴ大ネタ~クロスオーバー~漢汁ファンクと怒濤の展開に引き込まれ
気づけば何度もリピートしてしまう魅惑の技……
楽曲の旨味を増加させるDJ MIX の醍醐味をすべてブチ込んだ極みの逸品。

定番ネタのカヴァー曲からまだ知られざる名曲まで、
2000 年以降にリリースされた未来のレアグルーヴとなりうる
世界中のSOUL, JAZZ,FUNKを”ザマン節” でノンストップMIX!!!!!!

MUROやDEV LARGEをはじめ国内外のトップDJ、
コレクターも絶大な信頼をよせるレコード・ショップuniversoundsを主宰し、
ディガーとしてもDJとしても世界レベルの熱い男、RYUHEI THE MAN。
普段から希少オリジナル盤と現行音源を織り交ぜたMIXに定評高い氏が、
“老若男女誰でも踊れる”をコンセプトに、現場の熱いヴァイブスを
鮮度抜群に瞬間冷凍してお届けします!

曲目リスト&RYUHEI THE MANによる本人解説

01 Banda Achilifunk & Original Jazz Orquestra / Rumbita Tru-La-La
スペインの現行ファンク/ソウル・バンド、Banda Achilifunk & Original
Jazz Orquestra による作品。
1960 年代、70 年代を中心に活躍した鬼才Johnny Pate が音楽を監修した
ファンキー・サウンドトラックの金字塔『Shaft In Africa』に収録された
レアグルーヴ・クラシック「You Can’t Even Walk In The Park」のカヴァー!
この曲のカヴァーは非常に珍しいです!

02 Q.A.S.B. + RYUHEI THE MAN / The Mexican
衝撃のデビュー・シングル「The Key」で世界的な注目を集めた
日本が誇るファンク・バンドQ.A.S.B.による未発表の最新トラック。
RYUHEI THE MAN初のバンド・プロデュースとなる超注目の一曲。
数多くのネタにもなったBabe Ruthによるダンサー・クラシック・チューンを
スーパー・ファンキーにカヴァーしたブレイク・ファンク!

03 Jack Costanzo / Quimbara (Jazztronik Mix)
1940 年代から活躍するラテン~アフロキューバンの大御所パーカッショニスト、
Jack Costanzo の代表曲を、ドラマの主題歌なども手掛ける
日本が世界に誇るメジャー・クリエイター、野崎良太氏のプロジェクト
Jazztronik が情熱的かつ華麗なダンサブル・チューンにリミックス!

04 Shuya Okino / Love And Live feat. Navasha Daya
日本が世界に誇るメジャー・クリエイター/ DJ、沖野修也氏プロデュースによる作品。
実力派女性シンガー、Navasha Daya をフィーチャーした
ブレイクビーツ・クロスオーヴァー・ジャズ・ダンサー!
ファンキーなビート、美しいグルーヴ、ソウルフルなヴォーカルが
渾然一体となったグレイト・チューン!

05 Flying Fish / Fondle Rock
現行ファンク、ブレイクビーツの名門レーべル、UK のSkyline から。
タイトなビートが曲をリードするファンキーでジャジーな
疾走感溢れるブレイクビーツ・トラック!

06 The Boogoos / Bubbles (Pt.2)
現行ファンク/ジャズからレア・アイテムの再発を精力的に手がける
ドイツの名門レーベル、Tramp から。
ダイナミックなパーカッシヴ・ドラム・ブレイクがかっこ良過ぎる!

07 The Boogoos / Bubbles (Pt.1)
現行ファンク/ジャズからレア・アイテムの再発を精力的に手がける
ドイツの名門レーベル、Tramp から。
ダイナミックなヴォーカルと演奏がマッチしたがかっこ良過ぎるヘヴィ・ファンク。
ジャズ・ファンクやアフロ・ファンクのファンにも人気!

08 Third Coast King / Spicy Brown
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、イタリアのRecord Kicks から。
US デトロイトを拠点に活動するファンク・グループThird Coast Kingによる作品。
キレのある粋なヴォーカルがたまらないファンキー・チューン!

09 Randa & The Soul Kingdom / Lysistrata’s Quest
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、UK のFreestyle から。
ディープ&ファンキーな演奏にパワフルな女性ヴォーカルがマッチした
アフロ・ファンク・グルーヴ!

10 Root Soul / It’s The Way feat. Vanessa Freeman
日本が誇るフューチャー・クリエイター、Kenichi Ikeda 氏のプロジェクト、
Root Soul によるジャジーで艶やかなハイブリット・ブギー!
実力派女性シンガー、VanessaFreeman の
アグレッシヴなヴォーカルも最高です!

11 Jazztronik / Real Clothes (GUYNAMUKAT We Love Ryota! Boogie Remix)
日本が世界に誇るメジャー・クリエイター、野崎良太氏のプロジェクト
Jazztronik による、ドラマ『リアル・クローズ』の主題歌にもなった、
ハイパー・ディスコ・ブギー・チューン!
フィリー・ソウルの名曲「Ain’t No Stopping Us Now」を彷彿させる
高揚感がたまらない!

12 Banda Achilifunk & Original Jazz Orquestra / No Nos Pararan (Ain’t No Stopping Us Now)
近年大きな注目を浴びるスペインの現行ファンク/ソウル・バンド、
Banda Achilifunk & Original Jazz Orquestra による作品。
フィリー・ソウルの名曲「Ain’t No Stopping Us Now」を
スパニッシュ・ソウル・テイストでカヴァーしたパーティー・チューン!

13 Milano Jazz Dance Combo / Changes (Funk Edit)
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、イタリアのRecord Kicks から。
レーベルの看板ジャズ・バンド、Milano Jazz Dance Combo による作品。
ストレートなジャズ・ダンサーとなる原曲を
見事なソウルフル・レアグルーヴ・アレンジでリミックス!

14 Milano Jazz Dance Combo / Much More
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、イタリアのRecord Kicks から。
レーベルの看板ジャズ・バンド、Milano Jazz Dance Combo による作品。
2000 年代最高のとの呼び声があがる
ビューティフル&ソウルフル・ジャズ・ダンサー・チューン!

15 The Soul Investigators / Make It Mellow Pt.1
Nicole Willis のバック・バンドでも知られる、
フィンランドを代表するファンク・バンド、Soul Investigators による作品。
最近ではCM でもお馴染みのArchie Bell & The Drells の
ファンク・クラシック「Tighten Up」のインスト・カヴァーとなる
「Make It Mellow Pt.1」。軽快なファンキー・チューン!

16 Nick Pride & The Pimptones / Waitin’ So Long feat. Jess Roberts (Smoove Mix)
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、イタリアのRecord Kicks から。
「Tighten Up」マナーのアグレッシヴ&アップ・テンポな
ファンキー・ダンサー・チューン!

17 Soul Surfers / Soul Power
今最も話題のレーベル、ソウル/ファンクの本場US デトロイトから。
2011 年ディープ・ファンク・オブ・ザ・イヤー確定のヘヴィ・ヘヴィ・ファンク。
イントロのドラム・ブレイク、後半のピッチ・ダウンする展開が凄すぎます!

18 Rickey Calloway & Dap-Kings / Stay In The Groove Pt.1
今最も話題のレーベル、ソウル/ファンクの本場US デトロイトから。
ディープ・ファンク・ファンに絶大な人気のJames Brown 直系ヴォーカリスト
Rickey Calloway と、ニューヨークを代表する現行ファンク・バンド
Dap-Kings がガッチリとタッグを組んだファンキー・チューン!
ディープ・ファンク・クラシックとして知られる、
Soul Dynamics「Stay In the Groove」のカヴァーです!

19 Will Sessions feat. Rickey Calloway / Shake It Up, Shake It Down Pt.1
今最も話題のレーベル、ソウル/ファンクの本場US デトロイトから。
幅広いジャンルでの活動で知られるレーベルの看板バンド
Will Sessions と、1960 年代後半~1970 年代前半にリリースされた
「Tell Me」や「Get It Right」といったディープ・ファンク・クラシックで知られる、
James Brown 直系のヴォーカリストRickey Calloway が
ガッチリとタッグを組んだファンキー・チューン!

20 Third Coast King / Give Me Your Love
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、イタリアのRecord Kicks から。
US デトロイトを拠点に活動するファンク・グループThird Coast King による作品。
厚みのある攻撃的な演奏とパワフルな女性ヴォーカルがたまらない
シスター・ファンク!

21 Kings Go Forth / Get A Feeling
一世を風靡し続ける2000 年代を代表する本場US産の
ソウルフルなファンク・バンド、Kings Go Forth による
疾走感溢れまくるソウルフル・ファンク!
哀愁と情熱がクロスオーヴァーしたグレイト・チューンです!

22 Gizelle Smith & The Mighty Mocambos / The Time Is Right For Love (45 Remix)
ドイツを拠点に活動する世界的人気のファンク・グループ、
Gizelle Smith & The Mighty Mocambos による作品を、
日本が世界に誇るクリエイター、45 a.k.a. Swing O 氏がリミックス!
ファンキーでありながらもソウルフルで切ない
高品質なアレンジが素晴らしいです!

23 Speedometer / You’ve Made Me So Very Happy
現行ファンク/ソウル/ジャズの名門、UK のFreestyle から。
現行ファンク・ムーヴメントの中心的大御所バンド、Speedometer による作品。
優しい雰囲気が曲全体を包み込む、クロスオーヴァー・ソウル
「You’ve Made Me So Very Happy」。
曲後半にはフリー・ソウル・クラシックとしてお馴染みの
Barbara Acklin「Am I The Same Girl」のフレーズも飛び出します!

24 Sharon Jones & The Dap-Kings / How Long Do I Have To Wait For You ?
現行ファンクのシーンをリードし続ける本場ニューヨークのレーベル
Daptone から。レーベルの看板ヴォーカリストSharon Jones と
看板バンドThe Dap-Kings による2000 年代を代表する
クロスオーヴァー・ソウル!
イントロのドラム・ブレイクや1960 年代を彷彿させる
ソウルフルなヴィンテージ感が最高です!

■RYUHEI THE MANプロフィール
90年代半ばよりレコード収集、執筆、DJ を中心とした音楽活動を始め、ファンク/ソウル/レアグルーヴ/ヒップ・ホップを中心としたジャンルを、
都内で開催されているイヴェント『WAHWAH』、『HONEY DRIPPIN’』、『EXTRA EXTRA』などを中心に、全国各地でプレイ。
ジャンルと年代を超えた幅広い選曲と安定したプレイには定評があり、
オリジナリティーに溢れた黒いグルーヴを生み出すDJ の一人としてファンの絶大な支持を得ている。
 2001年より国内外のトップ・DJ、コレクターも絶大な信頼をよせるレコード・ショップuniversounds(www.universounds.net)を主宰、
ブラック・ミュージック全般にわたる豊富な知識をいかんなく発揮している。
02 年にはDEV LARGE 氏らとMIX TAPE『BROTHERS ON THE RUN』を、
03年にはDJ SHADOW によるアルバム『THE PRIVATE REPRESS』において日本人代表として参加。
04、06、07、10 年にはソロMIX CD『A MESSAGE FROMTHE MAN 1/2/3/4』をリリース。
その品質の高さで国内外問わず話題をさらった。
05 年には国内初となるFUNK の7 インチのみによるディスク・ガイド『FUNK 45’s』に筆者として参加。
09 年にはレアグルーヴのバイブルとなるディスク・ガイド『Rare Groove A to Z』に筆者として参加。
同年には自身のキャリア初となるオフィシャルMIX CD『NEXT MESSAGE FROM THE MAN』をリリース。
最近では、MURO 氏& KING INC. 主宰によるブログ集合体KING INC. BLOG にメンバーとして参加、シーンの活性化にも貢献。
更に、国内ミュージック・フェスティバルの最高峰、フジ・ロック・フェスティバル ’10 にDJ として出演。
また、ファン待望のオフィシャル・ミックスCD 第二弾となる『NEXT MESSAGEFROM THE MAN 2』をリリース。
11年にはKASHI DA HANDSOME氏とミックスCD『SOUNDTRACK TO THE STREETS』をリリース、
KGE the shadowmen「Stay Stoned Pt.2」で遂にプロデューサーとしてデビューを果たす。
 2012 年2 月には、自身初のバンド・プロデューサーとしてのデビュー作、Q.A.S.B「. The Mexican」を収録した、
オフィシャル・ミックスCD の第三弾となる『NEXT MESSAGE FROM THE MAN 3』をリリース予定。
レコード・ショップ・オーナー、DJ、プロデューサー、執筆と多方面で幅広い活躍を見せている。

おすすめダウンロード商品