• HOME
  • >
  • CD & RECORDS
  • >
  • RECORD
  • >
  • [まだまだ続くTBH特集]OLIVE OIL feat. ILL-BOSSTINO, B.I.G. JOE / MISSION POSSIBLE [ANALOG]

[まだまだ続くTBH特集]OLIVE OIL feat. ILL-BOSSTINO, B.I.G. JOE / MISSION POSSIBLE [ANALOG]

mpsn-0002
販売価格(税込)
¥1,680
在庫状態 : 売切れ
売切れ

送料

1万円以上お買い上げで全国送料無料

1万円以上お買い上げの場合は送料無料にて商品を発送いたします。発送日から3営業日以内に発送し、ご連絡いたします。おおよそ2−3日の配達日数となりますが、交通事情等により遅れが生じる場合があります。

商品について

曲目リスト

A.MISSION POSSIBLE
B.MISSION POSSIBLE INST.

商品内容

普天間基地移設問題で迷走する列島に
北と南のヒップホップ代表から提示するメッセージ

時は2010年ゴールデンウィークの真夜中、場所は福岡、天神親不孝club BASEBASEのカウンター。そこにいたのは大いなる運命に誘われた北のリビング・レジェンド2MC:ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)とB.I.G. JOE(MIC JACK PRODUCTION)の二人。

同じ北海道で生まれ育ち切磋琢磨し、ここまで這い上がり北海道をヒップホップ都市として確立させた二人、また一時はB-BOYS & GIRLSをはじめ一般のリスナーにまで衝撃を与えた一連のビーフ事件を巻き起こした二人だ。B.I.G. JOEは6年間の海外生活を過ごし、昨年の帰国後はブランクを感じさせない活発な動きを見せている真っ只中、一方ILL-BOSSTINOは休む間もなくその言葉を研ぎ続けPHASE 3.9という局面に立ち、また新たなステージへ向かわんとする中、北海道とは逆、南に位置する福岡という土地で交わった二人。そしてそこに居合わせたのは福岡を拠点に世界的な活動を続けるOLIVE OIL & POPY OIL(OILWORKS)。

何の因果かOLIVE OIL & POPY OILは今正に普天間基地の移設問題で揺れる徳之島出身だった。札幌の二人と徳之島出身の二人が奇跡的に出会った福岡で会話を交わすその会話の延長に「一緒に曲を創ろうぜ」というセリフが出てくるのは必然の流れだった。「何か俺等からもメッセージを発信しよう。」「HIP HOPの人間だってちゃんと考えてることを証明しよう。」「未来の子供達に希望を残せるような曲を残そう。」

現在、沖縄の普天間基地移設問題に端を発したこの騒動は列島中を巻き込み、この日本という国の成り立ちにまで影響を与えている。

OLIVE OILのトラック上でILL-BOSSTINOとB.I.G. JOEがラップする、このタイミングでB-BOY代表のB-BOYが提示する平和と調和の世界観、未来へのメッセージ。しかと受け止めよ!

アーティストについて

・OLIVE OIL(OIL WORKS)
音楽とアートのクリエイトチーム[OILWORKS]は、奄美諸島徳之島出身のDJ/リミキサー/プロデューサーのOliveoilと、映像制作/アートディレクター/デザイナーのPopyoilによって設立。楽曲、映像、デジタルアート、グラフィックデザイン、プロダクト、アパレル、ライブパフォーマンスなどの分野で国内外にて作品を発表。 2002年より続くクオリティイベント[dadaism]のプロデュースや、制作・流通・販売全てを自ら行うレーベル[OILWORKS-Rec. / Don’t Find]の運営、デザインプロダクションMollweideGrafixの活動、海外や国内ツアー/個展を精力的に行うなど、全国、全世界へと OILWORKSの世界観を発信中。 ワールドワイドでありながらアンダーグラウンドシーンとも密接に結びつく多彩なフィールド感覚に注目を集めている。

http://www.oilworks.jp

・ILL-BOSTINO(THA BLUE HERB)
ラッパーILL-BOSSTINO、トラックメイカーO.N.O、ライヴDJ DJ DYEの3人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。’98年に1st ALBUM「STILLING,STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」を発表。’04年には映画「HEAT」のサウンドトラックを手がけ、’05年には8年間の道のりを凝縮した初の映像作品「THAT’S THE WAY HOPE GOES」を発表した。HIP HOPの精神性を堅持しながらも、楽曲においては多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。これまで列島 100カ所以上に渡って繰り広げられたライヴでは、1MC1DJの極限に挑む音と言葉のぶつかり合いが発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。 再びバックパックを背負った長い放浪を経て、遂に完成した3rd ALBUM「LIFE STORY」を携え、2007年戦線に復帰。

http://www.tbhr.co.jp

・B.I.G. JOE(MIC JACK PRODUCTION)
北の都は札幌出身のラッパー / プロデューサーにしてMIC JACK PRODUCTIONのリーダー: B.I.G.(Believe-In-God)JOE。“STRIVER’S RAW”、“RAPPAZ ROCK”という北海道HIP HOPシーンにとって重要なグループの中心人物として精力的かつ圧倒的なライヴ攻勢でその名を知らしめてゆく。’99年からは自主制作によるシングルカッ ト、同時期より、超自然音楽中毒集団:MIC JACK PRODUCTIONを結成。以後もそのリーダーとして、自ら制作・運営するレーベル:ILL DANCE MUSIC.を母体とし、フルアルバム『SPIRITUAL BULLET』を発表。しかし、その直後に起きた事件によって6年という長い単身渡豪を服役の為に余儀なくされる…が、’05年には刑務所からの電話を使 用して録音された問題作、1stソロアルバム『THE LOST DOPE』でシーンに復帰。続く翌年の’06年には、MIC JACK PRODUCTION名義の2ndアルバム『UNIVERSAL TRUTH』を発表。HIP HOPを地でゆく、メッセージ性のあるウィットに富んだ詩と、カリスマ性のあるライムデリバリーは官能的で、時に危うすぎるその歌声は、聴く者の心の芯を とらえ、キャリアスタート時から現在も尚、熱心な信者・フォロアーが後を絶たない。’07年、海を離れた遠い流刑の地で運命的な邂逅を果たした、N.Yブ ロンクス出身のラッパーEL-SADIQとのコンビネーションEP 『2WAY STREET』をリリース。そして’08年…多くの謎のベールに包まれているB.I.G. JOE事件の核心に迫る、セカンドソロアルバム『COME CLEAN』を、全て刑務所内にあるスタジオでデジタル録音、日本を代表する気鋭プロデューサー達の強力なバックアップを受けて発表。そして2009年、 6年振りに遂に帰国。帰国直後に自身のプライヴェート・レーベル:TRIUMPHを立ち上げ廃盤状態だった傑作ファーストアルバム『THE LOST DOPE』を再録曲、DVDを加えて再リリース。また、自身の音源を盟友DJ KENが紡いだMIX CD”NO ORDINARY JOE”、INIとDJ KEIとの共作MIX”PASS THE BACKWOODS”、サードアルバムの先行シングルとして”ALMOST DAWN/ONE LOVE PT.2″を発表。客演としてはDJ BAKUが日本中から選りすぐりのMCを招いて制作された衝撃作『THE 12JAPS』、またRUMIのサードアルバム”Hell Me NATION”や同郷札幌のムーヴメントCHOCOLATE FACTORYに参加するなど帰国後も精力的に動き邂逅を続けている。そして来るべき2010年3月3日、鎖を解いた本物のMCが遂にサードアルバ ム”RISE AGAIN”、そして帰国後の活動をまとめたDVD”COME CLEAN TOUR”を発表

http://www.triumphrec.com
http://www.micjack.com

mpsn-0002

おすすめダウンロード商品